怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:金縛り

16歳位の頃、金縛り初体験をした。

「ウオッ!」

初体験を喜んだ数秒後、得体の知れない変な雰囲気がガーーーッと襲いかかって来るような恐怖感。
声は出ず体も動かない。

その雰囲気が発せられているのは足元の床の間。
家は無宗教だったのでその床の間にはカーテンが付けられ物置にしていた。

激しくなる一方の金縛りと恐怖・・・。
数秒後、『それ』は姿を現わした。

床の間から這い出て来たのは、ボロボロの産着をまとった赤ん坊。
しかも腐っている・・・。
私を睨みつけながら、ゆっくり、ゆっくりと私に向かって這って来る。
もの凄い怒りと殺意を発しながら・・・。

続きを読む

今も昔も、私は『霊感』のようなものとは縁遠く、何かが見えたり何かを感じたりすることは全くないのですが、20年程前、私が大学生の頃に1度だけ説明がつかない体験をしました。

その日、私はいつもより少し早く大学から帰宅し、アルバイトに行くまでには中途半端な時間が空いてしまいました。
テレビでも観て時間を潰すつもりだったので、ベッドでゴロゴロしながらテレビを眺めていました。

しかし、数分の内に急に眠気に襲われたので、テレビを消してウトウトと眠りについてしまいました。

どのくらいの時間寝たでしょうか?

「ヤバい!遅刻する!」と思い、パッと目を開きました。

しかし、何か凄く嫌な感じがしたので、寝たまま目を動かして部屋の中を見渡しました。

続きを読む

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。

金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、俺も全くそうだと思う。

じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。
俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。

続きを読む

社会人になって1年ぐらい経ったころに起きた心霊現象を語る。
俺は元々所謂『見える』人間だった。
高校・大学時代に有り余った時間にかこつけて心霊スポット巡りとか廃墟に突撃とか頻繁に繰り返したりしていた。
それも社会人になり東京の会社に就職する事が決まって、きっぱりとそんな学生気分にケジメをつけて、もっと他人と気軽に共有できる趣味でも持とうと思っていた。

続きを読む

持ち帰った仕事を家でやっていたのですが、あまり納得のいく企画が思い浮かばなかったので、思い切って寝ることにしました。

最近、仕事が忙しかったので、たぶん布団に入ってすぐ寝てしまってたと思います。
寝てからどれくらいたったかはわかりませんが、突然、右足を掴まれた感じがして目が覚めました。

すると目の前には、よく日本人形とかである前髪パッツンで、肩よりちょっと長めのボサボサ頭の顔が真っ黒な女の人がいました。

「久々に来たか・・・。めんどくさいなぁ。」とか思いつつ、いつも通り「私、関係ないからっ!!」って言おうとしたら、声が出ません!続きを読む

↑このページのトップヘ