私が幼稚園のころのことです。
うちは2人姉妹でしたが、家にあった雛人形は段飾りの立派なものではなかった。
ガラスケースにちんまりとおさまった雛人形セットでした。

ひな祭りの頃になるとケースごと居間に飾られ、時期が過ぎると棚の上に置かれる程度のものでした。
糸のような目におちょぼ口。
見ようによっては笑っているようにも見えますが、全体的にはむしろ無表情なものでした。
私は雛人形には興味もあまりなく、ただミニチュアのようなお飾りだけを気に入っていました。続きを読む