怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:電話

会社の先輩(女性)の、学生のころの実体験。

学校から帰ってみると、家にだれもいなかった。
先輩はとくに気にすることもなく、父親の3畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべりをはじめたが、その途中で、「電話相手の友達がなにか音しない?」と言った。

『カチカチカチカチ』と、ちょうど電話機のフックを連打する音に似たその音は先輩の耳にもききとれたが、「混線でもしてるんじゃない?」とあまり気にかけなかった。

そのカチカチ音も、30秒くらいの間隔で数回鳴り続けたあとで止まった。続きを読む

友人が体験した話。
ここに載せて良いかと訊いて、了承は取ってあるが「自分にとっては感慨深い出来事だったけど、よくある話だからウケないよ」と笑われた。

まあ、載せてみる。
もう10年以上前の話だ。

高校生の頃、友人A子が1人家で留守番をしていると、家の電話が鳴った。
A子の家の電話は、廊下に出て玄関のすぐ側にあり、面倒臭いと思いつつも電話に出たそうだ。

「はい、○○です」

すると、受話器からは「バイバイ」と若い女の声がした。
まるで自動ガイダンスの声みたいに独特なくぐもり方をした声だったそうだ。
しかし、その「バイバイ」の言い方はガイダンスの様に淡々としている訳ではなく、「バイバーイ♪」と楽しそうな感じ。
本当に語尾に「♪」マークが合っている様な喋り方だったらしい。
当然ながら不審に思って聞き返すA子。続きを読む

嫁さんの実家であった話。

嫁さんは一人っ子で嫁さんの実家は夫婦二人で住んでるらしい。
ある日、夜中の3時くらいに電話が鳴ったそうだ。
お母さんがベルの音で起きたんで電話にでたそうなんだけど、電話の向こうから女のすすり泣く声が・・・。

お母さんは娘(嫁さん)からの電話だと思い「△△(嫁の名前)?どうしたの?何かあったの?」と話しかけると「眠れないの、怖くて眠れないの、怖いの、助けて」と。続きを読む

高校2年の夏、姉が死んだ。
21歳だった。
一人暮らしをしていたマンションの屋上からの飛び降り自殺。
動機は不明。
家族の中で姉と最も親しかった私にも、自殺の原因は全く見当がつかなかった。

葬儀の翌日、姉の住んでいた部屋を引き払うため、朝から母と私で荷物の整理をしていた。
二人して黙々と働いたので、夕方にはほとんど段ボールに詰め終わりそれを玄関先に積み上げてから自宅に戻った。続きを読む

自分が大学生の時の話。
マジで思い出したくない。

自分が学生の時の友達にA君という奴がいた。
A君には中学くらいの時から付き合ってるBさんという彼女がいて、いつもどこに行くにも一緒ってくらいのラブラブ(死語?)っぷりだった。
そんなある日、Bさんが交通事故で亡くなった。続きを読む

↑このページのトップヘ