怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:霊感

私の家族は4人家族なんですがその中で唯一、父(58歳)1人だけ子供の頃から霊感を持っています。
ただし、霊が見えるだけではありません。

父が10~11歳の頃、住んでいた町に集中豪雨が襲い、川が氾濫。
集落に住んでいた住民は早く避難したお陰でほとんどが助かりました。
でも中には何人かの方が逃げ遅れ、遺体となって発見されたのですが・・・どうしても1人だけいくら探しても探しても見つからない。
3日掛けて探しても見つからない。
消防隊や住民も遺体を捜すのは諦めようとしていたその時でした。

続きを読む

高校くらいかな・・・。
今まで霊感0だったのに霊感が急にでてきて、最初は金縛り→鳥の囀りが人の呻き声→心霊スポットでみまちがいって思うような物を度々見るって感じだった。
しばらくすると金縛りの解き方も本能的にわかって解けてたんだけど、環七沿いの後輩の家に泊まった時だけは別だった。

二人で雑魚寝をしてて、明るかったから明け方頃だったと思う。
ふと目が覚めたと思ったら、指先や爪先から徐々に金縛りにあった。続きを読む

昔、祖母の家に行ったときの実体験。

小学生の高学年の夏休み、急に祖父が亡くなったという知らせがあった。
家がかなり離れているため一度も祖父母の顔を見たことがなかった僕は正直に言ってあまり関心がなかった。
初めて飛行機に乗ったこともあってか祖母の住んでいる鹿児島についてから車で祖母の家に行くまで、ずっと寝てしまっていた。続きを読む

うちの母の体験談。

母は小さい頃から見えはしなかったけど、音とか「なんかいやだな」と感じるくらいの霊感の持ち主だったらしい。
でも高校の時におじいちゃんが死んでから更に強くなったそうな。

そして私が小学生低学年の時の話。
家族で海までドライブに行き、海を眺めた後、車まで戻ろうと歩いていると、車のブレーキ痕みたいなのが目に付いた。

新しい感じがしたので、「最近ここで事故でもあったのかな。可哀相に」と思った瞬間、肩がズシッと重くなったと。続きを読む

友人に誘われてその知り合いのおなご衆とバーベキューをする事になった。
夜の川辺で焚き火を囲んでいる夏の夜、当然というか必然というか、怖い話で盛り上がっていた。

各々持ち寄った怖い話も一段落ついた頃、まだ話してない子がポツリと、「私、霊感あるよ。」なんて言い出すもんだから皆大喜び。
あまり非科学的な事は信じたくない俺は彼女に証明してくれと言ってみた。

すると、「あんたの背後に、おじいちゃんがいるよ。」っとまぁ、ありきたりな事を言ってくれちゃうもんだから。
人相まで詳しく言い当ててくれとまくし立ててみると、ものの見事にピタリ一致。続きを読む

↑このページのトップヘ